快適アクロタイトル

快適アクロ 快適アクロ 快適アクロ 快適アクロ


雪道・砂利道でも快適に進むことができる「快適AQURO」のレンタル(有料)を行っています。

前輪に大きなタイヤ(AQURO)があることで、利用者・介助者、共に安心して観光を楽しむことができます。

【ご確認ください】
■車いすは通常タイプ(介助用)になります
■ご自身が乗っている車いすには装着できません
■電動タイプの車いすは重量が35kgあります
■レンタルご希望の方は「カムイ大雪バリアフリーツアーセンター」まで連絡ください





快適アクロ

■介助用快適AQURO(アクロ)とは??


通常の車いすに、大きな前輪が付いています。この大きな前輪がある事で、前かがみに転倒する危険性がなくなり、悪路(雪や砂利)でも安全に走行することが可能な車いすです。

快適アクロ
通常の車椅子では、雪道でキャスター(小さい前輪)が轍(わだち)などの段差にはまって急停止してしまったり、車椅子ごと転倒、人が車椅子から転落してしまう可能性が大いにあります。そのため、乗っている方は常に不安を抱いているのです。

快適アクロ
そこでこのアクロの前輪←だとどうなるか!?平地だと思って安心して車椅子で走行している場合、轍や小さな段差(悪路)に気づかずにはまってしまう、突っかかってしまうところも、大きなゴムタイヤのおかげで衝撃も少なく悪路を突破!前輪装着時はキャスターが浮いた状態になり、階段のような段差じゃない限り、力をそれほど使わずラクに悪路を乗り越えられます。

快適アクロ
これくらいの轍(段差)だと、キャスターと地面の隙間は これくらいの余裕が出来ます。

■利点

通常であれば悪路はキャストアップ(前輪を上げた状態、別名ウィリー)をして走り抜けるところですが、 その必要がほとんどなくなることで、乗っている方や介助者への負担が大幅に軽減されます。 この前輪は柔らかいゴムタイヤであるため衝撃が緩和され、装着する事により乗り心地も通常よりもよくなります。

快適アクロ

■電動快適AQURO

今説明させていただいたのは、介助用アクロです。電動AQUROの場合は、介助用、電動用に切り替えることができ、 一人でよく出かけられる方には電動をおすすめします。 冬に使用する場合は、旭川の冬はとても寒いのでバッテリー消耗が激しいと思います。その点注意していただき、楽しい旅にしてください

電動と手動の快適AQUROがありますが、前輪部分に関しては同じです。電動なので操作パネル、バッテリーが着いており 重量が増す。という以外に関しては、手動車いすとほぼ同じです。

快適アクロ

■操作パネル

操作方法は通常の電動車いすと同じで、進みたい方向にレバーを曲げると進んでいきます。
操作パネルには2つのスイッチがあります。1つは「電源のON」「OFF」スイッチです
「電源をON」にした状態で、もう1つのスイッチを上下することで、段階でスピード調節ができます。

バッテリーの取り外し方法:電源がOFFになっていることを確認し、バッテリーの黄色いボタンを押したまま引いて抜き取ります。

快適アクロ

■電動、手動切り替えレバー

車いすの右側にレバーがあります。 レバーを上にあげると「電動」、下にさげると「手動」に切り替えることができます。
介助の方が車いすを押す場合、レバーが「電動」になっていると負荷がかかりうまく進むことができません。 必ず電源をOFFにし、「手動」に切り替えてから介助を行ってください。
それと反対に、電動のスイッチを入れても、レバーが「手動」になっていれば電動で動かすことができませんので、ご注意ください。
レバーを操作をする際は必ず停止した状態で行ってください。介助を離れる場合は坂道ではないか、ブレーキをかけたかの確認も忘れずに。

快適アクロ

■前輪装着方法

①ブレーキをかけるなどして、車椅子が動かないようしっかり固定します。
②アクロの大きな前輪を差込み口にあわせ、少しずつ差し込んでいきます。抜けを防止する突起があるのでこれを 押しながら差し込んでください。 この時もう一人いれば少しウィリーしてもらうとすんなり入っていきます。奥まで差し込むと抜けを防止する小さ な突起がカチッと鳴ります。

快適アクロ
③奥まで差し込んだら、両側のネジを締めていきます。しっかり締めこんだら『快適AQURO』の完成ですっ!取り外 しはこの逆の作業です。
他にも「ネジ」がなく、ワンタッチで脱着できるAQUROもあります。

快適アクロ

■キャリパーブレーキ

介助者がついている時にグリップにあるブレーキを使ってスピードを調整したり一時的に停止状態を維持する事ができます。 下り坂で一人介助の場合、坂が急すぎてスピードが上がりすぎてしまったり、路面状況が悪くて足を滑らせて転倒してしまったりと、事故につながる可能性があるため、このブレーキでスピードを緩めてゆっくり安全に坂を下る時などにお使いください。
※左右に付いている場合は同時にゆっくり操作してください
※キャリパーブレーキが付いていない車いすもあります